クレンジングの方法をおさらいしてみよう!

毛穴のクレンジング方法を正しく行うことが出来れば、肌トラブルや毛穴トラブルを劇的に減らすことも出来ます。
コスメショップなどに行くと様々な種類のクレンジングが販売されていますが、クレンジングの種類についてよく知っている人はあまりいないのではないでしょうか。
今回はそんなクレンジングについて、どんな種類のどんな洗い方が毛穴汚れに効果的かを調べてみました。

1 オイルクレンジング

クレンジングの中で最も洗浄力のあるオイルクレンジングは、ウォータープループのメイク汚れでも簡単に落とすことが出来てしまいます。
しかし、石油系界面活性剤が多く入っているものが多く、乾燥肌の原因になってしまうこともあります。
敏感肌の人にはあまりおすすめできないですが、しっかりと根こそぎ洗ってアフターケアもしっかりと出来るという人にはぴったりの洗顔です。

2 リキッドクレンジング

水のようなさっぱりとした感覚が人気のリキッドタイプのクレンジングは、コットンにつけて拭き取ったり、洗い流したり、ダブル洗顔不要なタイプと様々あり、使い勝手がいいのが特徴です。
しかし、リキッドクレンジングはアルコールが多く含まれているものが多く、乾燥の原因や肌荒れの原因になってしまうこともあります。

3 ジェルタイプクレンジング

肌に伸ばしやすくて、メイクにも馴染みやすい、ベタつきがなくさっぱりしたクレンジングと言えばジェルタイプのクレンジングです。
オイルクレンジングに比べてやや洗浄力は劣りますが、ダブル洗顔でしっかりと洗浄でき、肌への負担が少ないのが特徴です。
肌のターンオーバーを整えてくれるので毛穴も開きにくくなるメリットもあって、敏感肌の人でも使えるのが特徴です。最近では美容成分の入ったホットジェルクレンジングが大人気です。

4 クリームタイプクレンジング

油を乳化させて水と馴染ませてつくられたクリームタイプのクレンジングは肌への負担が少なく、乾燥肌や敏感肌の人でも使えるのが特徴です。
肌をマッサージしながらメイクを落とすことも出来、美容液成分の入ったものを使えば毛穴も開きにくくなります。毛穴の黒ずみ対策やニキビケアにも低刺激なので効果的なクレンジングです。

 

などクレンジングの方法にも色々と種類があります。
一番大切なのは自分のお肌にその方法があっているか、知らず知らずのうちにお肌を傷つけていないかどうか、をしっかりと知るという事なんですね。
クレンジングや洗顔は毎日するスキンケアなので、自分のお肌に一番負担の小さいもの&効果的なものを選びたいところです。